やってみるべし

みなさん、ごきげんよう。
いかがお過ごしですか。
マメヒコの日野です。

昨日もまた夜にお食事会のイベントがあり、朝からお買いものたくさん!
イベントで出すお食事は、マメヒコ代表の井川さんがすべて作っており、毎回その日限りのメニューばかり。
いつも献立は決めずにお買いものをします。
お買いものをして、食材を見ながら、どう使うか決めていきます。
なにと合わせてどう調理するか。
決めても途中で変わることもあります。
食材を調理していくなかで、やっぱり違うほうがいいと判断することがあるのです。
最後までほんとうにわからない。

新しいメニューになって、野菜のお買いものをしながら、この野菜たちをどうやったら生かせるかなぁということを日々考えています。
カレーに添えている野菜たちは、内容も調理方法も、毎日変えているのです。
お食事会をやっていて、いまのメニューのカレーの野菜たちも同じように作っているなぁって思ったんですね(ちょっとスケール感が違いますが…)。

買うときにはどんな感じにしようかなぁとかまであまり考えてない。
お!今日のこの野菜よさげ!と感じたら選んでる。
野菜たちの特徴を見て、どう調理して生かすかを考えながらやってみる。
それぞれ個性豊かだし、やってみてよかったら、ふむ、なるほど、となる。
ちょっと微妙だったら、次はああしてみよう、こうしてみようと考えるようになります。
それが楽しいことでもあります。

新しいメニューをやらなければ、そんなふうに考えることもなかったんだな、やっぱり、なんでも、やってみるもんだよなと、お食事会をやっていて、ふと思ったのでした。

それでは、ごきげんよう、またあとで。