カレーらしからぬ

みなさん、ごきげんよう。
いかがお過ごしですか。
マメヒコの日野です。

マメヒコのカレーは、カレーらしからぬ、野菜のポタージュを飲んでいるかのよう。
というのも、ルーのベースは、たまねぎ、にんじん、セロリを焼いたもの。
焼きあがった野菜と、いりこと昆布でとった出汁を合わせて、ジューサーでなめらかにするので、ポタージュのような仕上がりになります。
そこにいろんなスパイスを入れて、味を整えてルーのできあがり。

初めて食べたとき、けっこうな衝撃を受けたというお声をよく聞きます(笑)。
「想像しているカレーとは全然違うものが出てきた」「なんだろう、でも、すごくおいしい」
「食べていて、すーっと入ってくる」
「からだに負担のない感じがわかります」
「野菜の甘さがとってもいい!カレーじゃないみたい!」
などなど。

いろんなご意見いただいていますが、どちらもとってもわかります。
特に、からだに負担のない感じというのは、ほんとうにそう。
たいていのカレーは、油と粉が入ったルーですが、マメヒコのカレーは、このふたつを使わずにルーを作っています。
だからか、すーっとからだに入ってくる感じがあるんだと思います。

実は、わたしはカレーというものがとてつもなく苦手で、避け続けていたのですが、マメヒコのカレーは食べられます。
むしろ、毎日食べたいくらい!笑
ルーの食べやすさももちろんあるし、添えているお野菜も毎日変えているので、これも食べ飽きない理由のひとつ。
なかなか、外でお野菜をたくさん食べられる機会ってなくて、そんなご希望があるんじゃないかと、このカレーはできあがりました。

マメヒコでお食事が食べられるって、まだまだ知られていなくて、さびしい今日このごろ。
もっとたくさんの方に衝撃体験してただきたいので(笑)、ぜひ召し上がってみてくださいね!
そして、準備の関係があるので、ご予約いただけると、とってもありがたいです。

それでは、ごきげんよう、またあした。