パイを切っていて思ったこと

みなさん、ごきげんよう。
いかがお過ごしですか。
マメヒコの日野です。

三軒茶屋店は檸檬ケーキというよりは、ほかのデザートが出る印象なのですが、今日は檸檬ケーキ人気でした。
檸檬ケーキの土台はパイなので、割れないように切ることに精神力を使います。
いっぱい出ると、そのたびに集中することになります。笑

このパイなんですが、仕込み方、伸し方、焼き方で状態が変わります。
パイ生地を作るときに入れる水分量が、ほんの少し違うとかたさが変わるので食感が変わってしまう。
伸すときに均等に型に伸さないと、厚さが変わってしまう。
焼き上げるときの見極めが甘いとさくっと感が弱い。
とか、レシピは決まっているけれど、レシピ通りにやってもうまくいかないなんていうこともあります。
自分の感覚を頼りに、コツをつかんでいく。
やっていくうちにこのくらいがいい塩梅だねっていうことがわかってくる。
でも、ただ作業だと思ってやっていては、一向にコツなんてつかめないと思います。
なんというか…、食べる人のことを考えるということでしょうか。
受け渡す先にいる人のことを考えて作ると、自然とおいしくなれって思っている気がします。
料理は愛情っていうし!笑

変な例ですけど、自分が作ったものをおいしいって言われたいから作るとか、なにも考えないでレシピはこうだからこれでいいんでしょみたいな気持ちで作るとかいうことをしていると、それが相手に伝わってしまうような気がするのです。
お料理に関してだけでなく、接客なんてもちろんそうだし、お掃除ひとつとってもそういうことが伝わってしまうと思います。
相手やものが、どう感じるかを想像しながらやること。
「気持ち」を込めるは、大切なことだなって、今日檸檬ケーキを切っていて、改めて思ったのでした。

それでは、ごきげんよう、またあした。