林檎をもとめて

みなさん、ごきげんよう。
いかがお過ごしですか。
マメヒコの日野です。

秋メニューになってから、毎日、みんなで手分けして、カレーやクレープで使う野菜、林檎などの食材をお買いものする旅をしています。
いくつか決まって買っているところがあるのですが、フラリと歩いていて、いい食材と出会うと、テンションが上がります。

いま、特に気にしているものが林檎のお買いもの。
林檎といっても品種もいろいろ。
カラメルソテーと焼き林檎では、違う品種を使っています。
カラメルソテーは、早生ふじ、シナノスイート、ジョナゴールドなど。
焼き林檎は、秋映、紅玉を。

カラメルソテーは、カットして使うので、そこまで気にせずとも、よいものが手に入りますが、焼き林檎の林檎は、まるまる一個の林檎をお皿に盛り付けるので、気にすることが多く、なかなかに慎重になります。

今年の焼き林檎は、紅玉がいいものがみつからず、秋映をメインで使っています。
秋映は深い紅色が特徴的で、実がしっかりしています。
大きさはだいたい同じくらいのものを、かたさも確認し、全体が赤く色づいたものを選びます。
なかなかよいものと出会えないときは、探し回ることもしばしば。
でも、それもまた楽しいこと。
いいものが並んでいる!と、穴場スポットを発見したときの感動ったら!

いい状態の秋映が手に入るのもあと少し。
今年は長雨だったこともあり、あまり収穫量も多くないようです。
焼き林檎でお出しできる期間は短そうです。
絶対に食べたい!!!という方は、お早めのご予約をおすすめします。

それでは、ごきげんよう、またあした。