渋谷公園通りの様子

渋谷が静かな街になって、もうひと月以上が経ちました。

マメヒコの周りの商業施設は、食品フロア以外はおやすみ中。
街全体がこんなにも人がいないという光景は見たことがありません。

いまの状況になる前の渋谷は工事だらけ。あっちの工事が終わったら、こっちの工事が始まって…という風に、なんだか落ち着かないなぁというこの数年でした。

駅前の工事もあらかた落ち着き、マメヒコの前のパルコもオープンし、やっとこさ!出動!というところで、いまを迎えています。なかなか、うまくはいかないものですね。

時代の流れの早さ、渋谷という街の変化の早さに戸惑っていたら、マメヒコは続いていなかったと思います。いいとき、ダメなとき、この繰り返しが幾度とあり、安定するなんていうことはありませんでした。そのたびに、手を替え品を替えやってきたんですね。

どうしよう、どうしようと、うろたえていてもどうにもなりません。いいことは取り入れ、やってみてダメなときは、また次のやり方を考える。

いま、また新たな困難にぶつかっていますが、いままでやってきたこと、いまやるべきこと、これからやらなくてはならないことと、きちんと見極めて、マメヒコらしくありたい、そう思います。