緊急事態宣言、解除

5月25日、緊急事態宣言が明けた渋谷の街。
この週末くらいから、すこーし人の流れに動きがありましたが、今日は平日ということもあってか、ここ最近の誰もいなかった渋谷と比べると、ちょっと人通りが少ない日の渋谷のような感覚でした。

廃墟の街のようになっていた渋谷…。
ほぼ人がいない街を、毎日歩いていると、映画を観ているような気になりました。
マメヒコもお客さんはまばらで、ほんとうに静かな静かな2か月。
正直なところ、こうなると、待つことも仕事のひとつとなり、精神的なタフさが求められます。笑
いままでも何度となく、危機を乗り越えてきたマメヒコなので、多少のことでは驚いたり、落ち込んだりしませんが、まあ、できることなら、あまり体験したくない気持ちです。

この週末に、ほんとうにひさしぶりに賑わいを見せる時間が少しあり、「ああ、お店ってこうだよな~。お客さんがいてこそだよな~」と、なんというか、胸いっぱいになりました。
まだまだ気をつけなきゃという雰囲気はありますが、ひさしぶりに人と会ったよなんていう方々も多く、みなさんのお顔が生き生きしているように見えました。

誰とも会わずして生活するなんて、できないことではないでしょうか。
人と関われば、煩わしいこともあるけれど、楽しいこと、嬉しいこともたくさんあります!

お店では、毎日、はじめましての方とたくさんお会いします。
それっきりの方もいらっしゃるけれど、また次にいらしてくださったら、あれ、この間いらしてくださった方だ!と、少しお話ししてみようかなと思います。
そして、またいらしてくださったら、こんにちは~!とご挨拶できるようになる。
そういう繰り返しで、少しずつ少しずつ関係を築いていくのです。
お店を続けることは、とても地道です。
こんにちはとご挨拶できる方がたくさんいることは、お店を続けていく励みになります。
このような状況になって、改めて、支えてくださっている方々がいるありがたみを感じています。